FC2ブログ

ゆうたとりょうたへ

 ゆうたとりょうたへ

ゆうた、りょうた、、ママ
こんばんは。
今日はどんな一日でしたか?
もうすぐ冬休みだね。
会いたいな。すごく。
パパは迷っています。
ゆうたやりょうたやママと仲よく過ごしたいんだ。
だから一緒になろうと頑張っているんだけど、
ママは許してくれないんだ。
パパはママに許されないことを過去にしてしまったんだ。
だからその責任はとらないといけないと思うんだ。
でもゆうたとりょうたを手放したくはないんだ。
だって名前も籍も離れてしまったらもうゆうたやりょうたと会えなくなってしまうと感じるからだよ。
パパにとってゆうたやりょうたは宝物です。
ママだってこれからの人生でパートナーとしてパパにとっては必要な大事な人です。
他の人は新しい人生をって言うけれど、パパにはそれができそうにありません。
なぜならパパはゆうたやりょうた、ママは大切な存在だからです。
新しい人生を送っても、そのたびにゆうたやりょうた、ママと過ごした楽しいことを思い出してしまうと思います。
それだけパパにとっては大事な時間だったんです。
ゆうたやりょうた、ママのことを愛しているんです。
ママはいつかわかってくれないかな。
それともパパのことをもうすっかり忘れて、他の男の人を好きになるのかな。
パパは悲しいけれど、ゆうたとりょうたには父親が必用なんだと思います。
これからの人生、相談できる誰かが必ず必要になる時がきっときます。
そのときパパは力になってあげたいんです。
血の通った父親として。
赤の他人の父親じゃなくてね。

いつかパパを訪ねてください。
相談に乗りたいとき、迷ったときには必ず。
パパはママのことを考えると今までゆうたとりょうたにいろいろと教えてこられませんでした。
いろいろ体験させたかったんだけど。
もう無理なのかな。

パパと会ったほうがゆうたやりょうたは幸せだよね。
そう信じています。
ずっと遠くから見守っています。
今日は飲み会がありました。
でも楽しくなかったです。
明日は社教の会議があります。
がんばるね。
おやすみなさい。
大好きなゆうたとりょうた、ママへ。
終電の車内から。
スポンサーサイト



  1. 2008/12/20(土) 00:13:32|
  2. 日記
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する